急性期

急性期のお話

回復期

お礼参【闘病記(60)】

5月8日 急性期から去りし日、 その男は言った。 「お世話になりました!」 「次は救急車ではなく 歩いてきます。」 ...
回復期

脳卒中で闘病生活が始まった方に至急伝えたいこと【闘病記㊸】

急性期病院での入院生活において、 必ず守っていただきたいこと 脳卒中で倒れて救急車で病院に行ったあとは、 急性期と呼ばれる救急の病院で、 2週間から1ヶ月程度強制入院 することになるが、 もし貴方が半身麻痺など、 運動...
回復期

ヤシマ作戦【闘病記㉙】

新天地へ移ってからも変わらず便秘の日々は続く。 毎日下剤は飲んでるが、 それでも1日一回お通じがあれば御の字。 麻痺になると、日中歩く機会がないので、 腸の動きが弱くなり便秘しやすいんだそう。 ...
回復期

急性期 病院から回復期 病院へ転院【闘病記㉕】

突然他の病院に転院が決まった。 しかも出発は明日のお昼。急にもほどがある。 全然心の準備が出来ない。 4月4日入院生活が始まり1ヵ月ちょい。 長いようで短かったこの病院ともついに おさらばする日...
急性期

プンプンかあさんと工場長【闘病記㉖】

プンプンかあさんと工場長は、 私が一般病棟の7階のスタッフさん達で 1番好きなコンビである。 プンプンかあさんことナースのKさんは、 私がリハビリテーション室から 自室に帰った来た時、 あまり...
急性期

ナースと療法士のジレンマ【闘病記㉕】

今回のリハビリ入院でふと思うことがある。 リハビリ入院は、 入院しながら、また自分で なんでもできるように 日々リハビリを行う。 リハビリをすればするほど 活動の幅や動作範囲が広がり、 その分転...
急性期

18日ぶりの未読開封【闘病記㉔】

預かってもらっていた、 スマホ(アイポン)がついに戻ってきた。 いい加減 手書きで手記を残すのに限界が出てきたので、 妻にお願いをして、 倒れて以来ずっと触ってなかったスマホを 戻してもらった。 し...
急性期

リアルクララが立った【闘病記㉓】

リハビリ入院生活も2週間ぐらい過ぎた。 今日は立つ(立位)練習とのこと。 立つ動作に関しては、 動作でもかかせない基本中の基本動作だ。 安定した立位ができないと、ベッドから車椅子、車椅子から便器への移乗など、 ...
急性期

空前絶後のリハビリ【闘病記㉒】

ハチマキ坊主 サンシャイン山崎を創りし者 シャバ時代(病気前)のとある日、 家でくつろいでいたら、 妻から写真付きのメールが。 本文は、ソックリ!とだけ。 添付の写真を開くと自分の写真だった。 ...
急性期

リハビリ 立位訓練【闘病記㉑】

リハビリ生活も1週間ぐらい過ぎた。 ずっとリハビリを続けているが、 なかなか先生の介助無しでは 立つことができない。 立位介助患者と対面になり、膝折れして転倒しないように、麻痺側の膝を自身の膝で支える。膝ロックと...
急性期

病院食のレシピ公開【闘病記⑳】

私が入院した病院は、 食事が美味しいと評判の病院だったようで、 多数の病院で 入退院を繰り返しているおっちゃんも 大絶賛していたり、 ネットのクチコミでも 食事が美味しいというカキコミが チラホラあった。 ...
急性期

らんま1/2【闘病記⑲】

トイレに行きたい時は、 ナースコールを押してナースさんを呼んで トイレに連れて行ってもらう。 排泄中はナースさんは 空気を読んでトイレから去る。 確かに 誰かに見られていると おしっこも うんこも出ない。 ...
急性期

入院中でもお風呂は入れるよ【闘病記⑱】

週2回だけお風呂に入れる。 入れるっていっても、湯舟には浸かれない。 シャワーのみ。 ただし、 独歩ができるようになれば、 湯舟に浸かれるようになる。 独歩とは杖や歩行器、装具を使わず歩行でき...
急性期

テレビカード【闘病記⑰】

入院中はテレビを見るのにお金がかかる。 よく旅館などで 部屋で有料のビデオを見る時とよく似ている。 入院中はテレビは タダで見るもの という概念が崩れる。 病院によって相場は違いそうだが、 私が入院...
急性期

リハビリに意味はあるのか?【闘病記⑯】

手術後一週間ぐらい寝たきり状態が続いたが、 この一週間は目の焦点も合わず、 ずっとぼやーっとしていたらしい。 むろん家族でも面会謝絶状態だ。 それだけ脳の手術は大変負担が大きいのだ。 医療用ホッチキ...
急性期

最初に面会に来てくれたのは【闘病記⑮】

最初の面会人は、 妻でもなく実家の父母でもなく、 実は弟だった。 しかし現実の世界の 話かどうかはよくわからない。 入院中、これが現実世界なのか夢の世界なのか よくわからないことがたびたびあった。 ...
急性期

半側空間無視とは?【闘病記(14)】

私には、手足の麻痺以外に 別の障害があったようだ。 半側空間無視 (はんそくくうかんむし) と 呼ばれる、 脳障害である。 半側空間無視とは (はんそくくうかんむし) この障害は、左側に見えてい...
急性期

急性期病院での入院生活の始まり【闘病記⑬】

4月4日、私は 急性期の病院、5階SCU病棟のベッドに居た。 急性期とは急性期とは、病気が発症したばかりの時期で、容態が変わりやすい期間を急性期と呼び、その期間は、その専門の病院に入院します。 ...
急性期

高血圧性脳出血(被殻出血)発症から入院までの記憶【闘病記⑫】

PCとアイポンの 殺人計画に、 まんまとはまった私は、 暗い事務所で1人、 胎児のようにうずくまって 必死に眠気と戦っていた。 眠気のせいでもうすでに 尿意はどうでも よくなってる。 も...
急性期

PCとiPhoneのクーデター【闘病記⑪】

は?! もしや!? こいつらオレをころそうとしたのか??? 「こいつらは事務所のWi-Fiで 日夜通信が可能な状態。 なので、私の知らないバックグラウンドで 殺人計画(プログラム)を 行うこと...
急性期

応えてくれない【闘病記⑩】

どれぐらい時間が経ったのだろう、、。  暗い事務所でひたすら「Hey Siri‼︎」を 叫び続ける私。 しかしなぜか私の Siriさんから返答が一切ない。 この「Hey Sir」機能は、 昔...
急性期

「ヘイ!シリ!」【闘病記⑨】

そうだ。 私のスマホはiPhone。 ならばHey Sir‼︎機能で 我がアイポンを探そう。 Hey Sir&機能とは 「ヘイ!シリ!」とアイフォン に呼びかけることで アイフォン ...
急性期

近くて遠いトイレ【闘病記⑧】

踏ん張れば踏ん張るほど、 チン先から オシッコが滲み出る。 どうしようもない。 我慢が 出来ない。 だんだんパンツが湿り始めて来た。 股間がしょんべんくさい。 ...
急性期

脳出血の原因?【闘病記⑦】

倒れる4月3日その日、 代表は終日不在だったので、 私は事務所で1人で仕事をしていた。 私が今務めてる会社は、 従業員がとても少ない小さなweb系の会社だ。 仕事中は一人の時間が多いが、 さすがにアル中の私でも就業中はお酒は飲まない 「当たり前体操♩」 しかし日が沈み始めた頃、 時間的には定時丁度。 急激にアルコールが接種したくなった。 今アルコールブーストすれば、 短時間の残業でかなり仕事がはかどると思ったからである。 私は急いで近くのスーパーにチャリで向う。 そして当時マイブームだった、 キリンストロング500mlを2本買おうとした。 アルコールはもちろん9%。 私はアルコール度数5%未満は絶対に賈わない。 お酒に強い弱いの話ではない。 安く、コスパよく深く酔えるかが重要な完全なる アル中思考である。 そして商品を手にした際、一瞬カイジの映画の効果音、 「ざわ・・ざわ・・」 と聴こえた気がして 買うのをためらった。
急性期

爆発しそうになった、ある欲望【闘病記⑥】

食事が終わったらお薬の時間だと彼女がいう。 頭痛薬を飲むのかな。 手術のせいか傷口あたりとこめかみが痛い。 死ぬほど痛いわけではないが 頭がずっと、 二日酔いみたいに ズキズキしている。 そ...
急性期

初めての病院食【闘病記⑤】

記念すべき初入院の朝食は、 おかゆと小皿でおかずが2品あった。 主食はパンではなかった。 プレートの上に印刷された メモ紙が置いてある。
急性期

今何時か分からなかったので【闘病記④】

倒れてから2日目の朝、 またしても尿意と陽射しで目がさめる。 アラームは不要だ。 この部屋に他に誰かいるか分からなかったから、 怖くてアラームなんぞ怖くてセットできない。 もしいつものめざまし音、 ピタゴラスイッチのOPテーマ曲が、けたたましい音量で鳴りようもんならはた迷惑きわまりない。
急性期

人生初の尿瓶でオシッコ【闘病記③】

私37年間生きてきて 生まれて初めての尿瓶による排尿である。 ちゃんと出来るかな? しかも尿瓶をあてがってくれるのは 綺麗な女性。 おそらく私よりかなり歳下であろう。
急性期

人生初ナースコール【闘病記②】

ものすごくオシッコがしたかった。 だいたい起きた時に尿意があるのは いつもと同じ。 いつもと違うのは、 トイレがどこにあるか分からない。 そもそもあるかどうかすらも分からない。   もう膀胱がヤバイ。 事務所で倒れてオシッコが漏れそうだった事を思い出した。 ここで今、 自分がトランクスでは無く オムツをしていることに気がつき ちょっと安心。 さらに透明のチューブの様なものがチン先に刺さっており 尿が少し漏れる度に尿道に ちょい痛みとともに尿が管を通って行く。 尿は少しづつ常に排尿されているようだ。しかし  今ものすごくオシッコがしたい。  だが、尿道に管が刺さっているし、一体どうすればいいか困った。 膀胱は限界に来ていたが 闇雲にこのオムツに排尿をするわけにもいかず 尿量が異常に多い私はこのオムツをまったく信用していなかった。 さらにこのチン先の管を勝手に外しても良いものなのか分からなかった。 管を刺したまま漏らすわけにもいかないし。 今オシッコを開放しようものなら ベッド上が大惨事間違いなしと焦った。 また尿意との戦いである。 神は何が面白くて排尿という面倒くさい機能をもたせたのか。 とか考えているうちに ふとあることに気がつく。 もしここが病棟のベッドならどこかに ナースコールという 押せばナースさんがいつでも助けに来てくれるボタンがあったはずだ
急性期

脳出血の発症はある日突然に【闘病記①】

4月3日水曜日 忘れもしない、私が倒れた日だ。 そして家族4人でUSJに行く前日だ。 その日の朝はいつものくそ忙しい朝と違い、 子供達はまだまだ春休みを満喫中。 おかげでこっちは朝ゆっくり寝ていられ...
急性期

【頭痛酷い方必見】脳卒中、脳出血の前兆は○週間前に【プロローグ】

前兆は一週間ぐらい前から現れていた。 突然目がおかしくなったのか、近くの物が見づらい。 スマホの画面が二重にぼやけて両目の焦点が合わない、 左目にずっと黒いもやのようなものがかかってるような気がして視界が悪くなった。 最初は飛蚊症みたいな眼の病気になったのかと思った。
タイトルとURLをコピーしました