リハビリ 立位訓練【闘病記㉑】

急性期


リハビリ生活も1週間ぐらい過ぎた。
 
 
ずっとリハビリを続けているが、

なかなか先生の介助無しでは
立つことができない。

立位介助

患者と対面になり、膝折れして転倒しないように、麻痺側の膝を自身の膝で支える。膝ロックともいう。膝ロックしながら腰を浮かすのを補助する。比較的介助が簡単なので、ナースでも容易に介助できる。

data-ad-layout-key="-gl-c+2d-6l+7s" data-ad-client="ca-pub-4843807641397893" data-ad-slot="4274104934">

 
ただ立つという何気ない
単純な動作が、

こんなにも
色々な筋肉を使う難しい動作だったとは。

今後補助無しで立つことができるとは
到底思えない。

いわゆる、無理ゲーである。

歩くなんて
とんでもない

今から逆立ちを覚える。

まさにそんな感じだ。
 
 
リハビリは筋トレとは違うが、
楽に立てるように、
立つために使う筋肉を鍛えるのも大事。

だからひたすら一人で自主トレ。

あんまりやり過ぎると逆効果なので、

そこは先生の指示に従う。
焦らずにコツコツと
 

 

日々精進。
 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました