ナースと療法士のジレンマ【闘病記㉕】

急性期


今回のリハビリ入院でふと思うことがある。
 
 
リハビリ入院は、
 
 
入院しながら、また自分で
なんでもできるように
日々リハビリを行う。
 
 
リハビリをすればするほど
活動の幅や動作範囲が広がり、

その分転倒などの
危険度が

比例して上がっていく。

data-ad-layout-key="-gl-c+2d-6l+7s" data-ad-client="ca-pub-4843807641397893" data-ad-slot="4274104934">

入院初期では落ちた物すら
自分で拾うことなどできなかったが、
 
 
日々のリハビリにより、

腰を曲げたり
手や腕をしっかり伸ばすことが
容易になったので、

落ちた物を拾うことなど
ナースさんの手を借りなくても簡単だ。
 
 

簡単だが気をつけないと
バランスを崩して転倒する危険性がある。

実際転倒すると担当ナースが、家族に

「ちゃんと見ていなくて申し訳ございません」と

緊急電話連絡がいく。
家族に余計な心配をかけさせる。
 
 
私も急性期時代に
1度だけ転倒したことがあるが、
 
 
家族への転倒報告に、
「余計なことするなよ」と、
憤った経験がある。
 
 
これはあえて
家族に余計な心配を
かけさせるようにしているシステム

だと思う。
 
 
この戒めこそが、
今後家族に二度と
心配かけさせないように、

data-ad-layout-key="-gl-c+2d-6l+7s" data-ad-client="ca-pub-4843807641397893" data-ad-slot="4274104934">

無理しないように
生きていかないといけない、
 
 
ある意味患者自身への
気持ちの刷り込み作業だと
私は感じている。
 
 
だから、ナースさんは
「どんなささいなことでも
ナースコール押してね。」
と言ってくれる。
 
 
が、しかし、
自分は日増しに動けるようになっていく。

リハビリの先生(セラピスト)は、
麻痺患者をいかに
動けるようにしていくのかが仕事。
 
 
 しかしナースさんは患者を
転倒などの事故から守るのが仕事。
 
 
この二つの相反する職業の
プロフェッショナルのジレンマの狭間に
支えられながら
 
 
日々患者達は過ごしている。
 
 
これが
リハビリ入院生活

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました