ブレイクスルーテクノロジーコース レポート⑨【番外】

ブレークスルーテクノロジーコース


参加すれば洗脳される?謎の自己啓発セミナーに、三日三晩参加されられた話の続き。

 
 

ブレークスルーテクノロジーコース
1日目(金)昼
BSTコース3セッション目




 
時刻は2時になろうとしていた。
 
キリがいいところまで進んだのか、やっと昼休憩になった。休憩室は、会場とは別に用意されていた。
 
休憩室に行くと、さっそく持ってきたお弁当を食べ始めている人や、外のコンビ二に買いに行っている人もいる。
私はとりあえず外階段の喫煙所に行き、
一服しながら会社に変わった出来事ないか電話で聞いた。
 
 

「おつかれさまです!」
 
会社はいつもと変わらぬ日常だった。
 
 
電話口の後輩(♀)は、
開口一番「大丈夫ですか?」と私に尋ねた。
 
大丈夫ですか?とは、
私が洗脳されているか気になったんだろう。
気持ちいつもよりテンション落とし気味にかけたつもりが
凄く心配されてしまった。
 
私は軽く、これまでのコースの話をし、
もうすぐタバコも吸い終わりそうになったので、最後の灰を落としながら
 
「もし洗脳されたらビンタしてやーw」と電
話の向こうの彼女に冗談を言って電話を切った。
 
私は休憩室に戻り、来る途中に買ったおにぎりをささっとたべた。
長い長い前半がやっと終わった。ほとんど話を聞いているだけだが
意外と時間が経つのは早く感じる。
 
 
あっという間に昼休憩30分は終わり、
いよいよ後半戦へ。
 
 

相変わらず一方的に話を聞いてるだけ。
 
 

お腹が満たされたせいか微妙に眠い。これはヤバイかも。
 
だんだん飽きてきたのもあり、ウトウトし始める。すると、すぐさま肩を軽くトントンと叩かれ起こされた。
 
よく見ると結構な人がウトウトし始めている。
 
すると講師の女性が、
あまりにも眠たい方は立って聞いてもらっても大丈夫ですよ。と言う。
会場内は暖房がよく効いていたので眠気が半端なかった。
 
後半戦もネタが尽きることはなく、ひたすら喋り続ける講師の女性。
 
腰もどんどん痛くなるし。
 
 

もう帰りたい、、、。
 
時刻は8時を回った。
 
 


あれ?

 

残業代は

出るのかな?

そして9時を過ぎ、ついに10時に。
 
 

もうだ。
 
 

とうの前にタバコも集中力も切れた。
 
 

話は一旦終わったのか、明日のコースの話に。そして、
明日の朝までに必ずやらないといけない宿題の話
に。
宿題はふたつ。
1つは今日のコースの出来事を3人にシェアすること。
二つ目は誰かに宛てた手紙を書いてくること。
相手は誰でもいから手紙の文面に、
ブレークスルーテクノロジーコースで何を目標にどう頑張っているか書くこと。と言われた。
 
今から帰ってから手紙を書けと?
 
もう時刻は10時半近く。家に着いたら日付は変わっているだろう。
しかも手紙て、、、。誰宛に書こう。
 
とりあえず家帰ってから考えるか。
 
宿題の説明も一通り終わり、長い長いブレークスルーテクノロジーコース第一日目は終了した。
 
 

長時間拘束からの解放感効果か、
みんな異常なハイテンション。

 
 

戦友みたいな気分だ。高揚感が半端ない。
 
みんなとこのまま朝まで飲み明かしたい気分。
 
しかし明日もまた長時間拘束がまっている。みんなハイテンションながらも、いそいそと駅に向かって歩いた。

 
 

さあ手紙はどうしようか

 
それに3人に今日のコースのシェアもせんとあかん。

 
 
 
 

メンド糞過ぎる
(´;Д;`)
 
 

 
 

 
 

次回に続く

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました