ブレイクスルーテクノロジーコース レポート①【番外】

ブレークスルーテクノロジーコース


記憶から消えてしまう前にどうしても吐き出しておきたい、
謎の自己啓発セミナーに、三日三晩参加されられた話 。

 
 

この話は、
以前、私が長年勤めていた会社で
突然勧誘
され、
半ば強引に参加させられた、

謎の
 
自己啓発セミナー

 

3日間のレポート である。
 
 

ネットで
セミナー内容を載せてはいけないルール
だったが、
本名をブログに載せてないから、絶対名前バレしないし、風貌もだいぶ変わって
しかも、坊主になっとるし、
セミナー参加当時は茶髪ロン毛ピアスの雰囲気イケメン。(ちょい前の古谷経衡氏のような感じ)
からの、今は、富田林署から逃亡して加重逃走容疑で逮捕された時の樋田容疑者にそっくりの、
東南アジア人よりも東南アジア人になってるから、

まぁええやろ。

セミナー運営会社から文句来たらこの投稿消します(^_^;)
 
 
運営はランドマークエデュケーションという海外の会社だ。
 
 

いつだったか記憶が定かではないが、
 
2013年に、Yahoo!知恵袋で、
勧誘に悩む人の質問に、
私が丁寧に答えている書き込みがある
(しかもベストアンサー)ので、
おそらく6年前であることは間違いなさそうだ。

ブレークスルーテクノロジーコースに洗脳されてしまった社長

時は2013年、
まだまだ寒さも残る季節、
 
 事件は月曜日の朝の朝礼に起きた。
 
 朝礼中は、いつも社員達にやや背を向け気味で部屋の端っこでいつもぼーっと突っ立って、
社員達の話を聞いてるんだかどうだか分からない社長のテンションが
いつもと違ったのである。
 
 

おかあさんといっしょの
うたのお兄さんのオーディション
かよ!と、
突っ込みたくなるほどのキラキラとした目と
宝くじで2億円でも当たったかのような幸福に満ちた笑顔の社長が大声で
「おはようございまーす!」と元気に登場したのである。
登場するなり全員が「ププッ」と吹き出したが、おそらく全員が
 

「キモい」
と思ったに違いない。

それぐらい異様な雰囲気だった。
 
そしてその日の朝礼は、この週末に参加したブレークスルーテクノロジーコースと呼ばれるセミナーの話一色だった。
皆は、どんな内容のセミナーだったか、当然興味はことさらないが、
とりあえず社長が聞いて欲しそうだったので、
仕方なしに質問したが、
 
内容は詳しく話してはいけないセミナーだと、興奮気味に回答を拒否した。
 
 
「どないやねん。」皆呆れ顔。 

社長曰く、コースに参加した人だけが味わえる体験だ、とのこと。

 
だからここでみんなに
コースの内容を詳しく話したところで、
まったく意味がない、
と、言うのである。
この社長のドヤァ具合に、
みんなだんだんイライラしてきてるのがよくわかった。
 
早く朝礼終わらせて業務に戻りましょうよ的な空気が流れるが、
社長はフル無視で、
見る世界が変わったとか
 
ジェットコースターに乗ったかような体験をした、
だの、
 
まるで何かに取り憑かれたかのような態度
コースの素晴らしさについて熱く語り続ける。
 
まるで用意された原稿を読んでいるかのような台詞口調
に皆、
 
 

「あ、これは洗脳されたな。」
と社員一同、
社長の変貌ぶりと、
今後始まるであろう勧誘地獄に
 
 

戦々恐々したに違いない。
 
 

社長の手元をよく見ると
ビビットカラーの冊子
が握られていた。
 
その冊子こそ、ブレークスルーテクノロジーコース参加への
地獄行き切符だった。
 
 

その悪夢の朝礼以降、社員一同、意図的に社長を避けるようになったのは言うまでもない。
一度でも社長に捕まろうもんなら絶対勧誘されると思ったからである。
 
しかし私はうかつにも、
社長からの、大事な業務命令がある、というトラップに引っかかり、
鴨がネギ背負って単独で社長室に行ってしまう。
 
そして、皆の予想通りにしつこく勧誘され、お金は絶対に一切かからない、とのことだったので、
私はとりあえず説明会だけ、という約束で、
コースが開催される説明会の会場に、業務終了後に、
社長と二人っきりで行くことになった。
 
昔から私は、しつこいお願いにすぐ根負けするタイプだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次回に続く

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました