ブレイクスルーテクノロジーコース レポート⑦【番外】

ブレークスルーテクノロジーコース


参加すれば洗脳される?謎の自己啓発セミナーに、三日三晩参加されられた話の続き。

 
 

ブレークスルーテクノロジーコース1日目(金)朝
BSTコース2セッション目

 
本文に入る前に今回私が受講するコースの詳細を軽くお教えしよう。
 
映画で言うところの予告編みたいなものだ。
ランドマークのホームページやパンフレットに載っている内容だ。
 



 

ブレークスルーテクノロジーコースは、
 
人生で「どんなことが可能か」を、
新しく発見する。
 
 
人生の質を、劇的
ポジティブ
変化させ続ける。

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 

調査に協力した参加者の94%以上 が、
ブレークスルーテクノロジーコースは
 
人生に
 

深遠で
 

持続的な
 

違いを作った、
と回答しています。

 
 

 
 


? ? ? ?
(;^ω^)

 
 

とにかくこの3日間を頑張れば、なんか前向きになれるのは分かった。
 
コース参加するか棄権するかの検討時間が過ぎた。
 
結局帰った人は最初の数名だけで、ほぼほぼ参加のようだ。もちろんスーツリーマンさんも残った。
 
 

ここから本番。
 
ブレークスルーテクノロジーコースが始まった。
 
 

最初は自己紹介から。
10分間で5人以上の受講生に自己紹介をしろと、
壇上の女性がが言う。
 
自己紹介は、
自分の名前
今回コースに参加した理由を言え、と言う。
 
いきなり難解な指示が飛んできた。
だって私は
が付くほどの人見知り。
 
 

いきなり知らん奴に自分の素性を話すなんて無理ゲー過ぎる。
 
おっと!
私にはスーツリーマンがいるではないか!
 
「はい!スタート!」
壇上の女性が、自己紹介ゲーム?の開始の合図を言う。
 
 

早速スーツリーマンさんに話しかけようと、スーツリーマンさんの方を向いた。
 
すでにスーツリーマンさんが誰かと自己紹介のし合いが始まっていた。
 
クソが
 
 

会場内が受講生の声でザワザワし始める。
 
 

どうしよう。
 
 

ワイワイ楽しそうにしている会場内で1人オロオロ。
 
 

私は本当に人とのコミュニケーションが苦手なのだ。

 
 

「はじめましてー。」
 
 

振り向くと2人組の女性が。
 
どうやらオロオロしている私を見て話しかけてくれたようだ。
女性はどちらも綺麗めの20代。OLさんって感じの2人だ。
 
 

良かった。
 

せっかく向こうから話しかけてくれたので、
私から自己紹介をしますね、
と言った。
 
2人とも笑顔で会釈した。
私は名前を言おうとしたが思いのほか声が出ず、
会場内のザワつきに私の声がかき消された。
 
 

たぶん相手には聞こえなかったと思うが、
2人は「よろしくおねがいしまーす」と、お辞儀とともに笑顔を返してくれた。
 
 

そしてこのコースの参加理由については、素直に「社長の勧誘でw」と紹介した。
2人は「ふふw」と笑ってくれた。 
 
 

次は2人の番。どうやらこの2人は同じ会社の同僚同士で、やはり私と同じように社長から勧誘されたらしい。
 
ここにも被害者がいた。
 
 

出会えてよかった。急に2人に親近感が湧く。
 
 

出来ればこんな形で出会いとうなかった。
 
ここで一気に3人チームが出来たので、私たちは一人突っ立ってるスーツリーマンのところに行き、自己紹介をし合った。

スーツリーマンも社長に誘われての参加らしい。
 
 

世の社長どもはどないなっとんねん。

 
 

そして長いようで短い自己紹介の時間は終了した。皆、各々の席に戻る。
 
正直ちょっと楽しかった。
 
人とコミュニケーションを取るのがこんなに楽しかったとは。
 
こんな感じで色々指示されるのかなと思ったら、自己紹介のあとは、黙って講師の女性の話しを聞くだけ、というのがしばらく続いた。
 
講義内容が、わかりにくいところがあれば挙手して質問したり意見してくれ、という。
 
そしてほかの人が意見を述べたら必ず拍手をしてくださいと指示された。
 
拍手することで、相手の意見を承認しましたよという意味になるらしい。
 
ブレークスルーテクノロジーコースの抗議中の基本は、講師が壇上で喋り、
 
自分が主張したくなったら挙手してみんなに発表する。
発表したらとりあえず皆は、拍手して承認する。
 
 

これがずっと続く。

 
 
 
 

 
 

次回に続く
 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました