ブレイクスルーテクノロジーコース レポート⑥【番外】

ブレークスルーテクノロジーコース


参加すれば洗脳される?謎の自己啓発セミナーに、三日三晩参加されられた話の続き。

 
 

ブレークスルーテクノロジーコース
1日目(金)朝
コース開始




会場内はほぼ満席状態に。
客層は20代っぽい若者から御年寄の方まで。

Google画像検索で、老若男女と検索したら出てきそうな光景だ。
 
見事なまでに受講生はバラバラだった。
例のスーツリーマンの兄ちゃんは、
私の右隣に座っていた。年齢が近そうで凄く親近感が沸いた。

 
 

頻尿という体質を生かし、
なんとか席は一番後ろになったが、
セミナー中はランドマークのスタッフ数名が会場後方で待機し、
ウトウトしている受講生を見つけては、
肩を叩いて起こす係
をしていた。
 
 
そうなのだ。
席が後方だと、真後ろのスタッフに
モロバレ
なのだ。
 
寝たくても絶対に寝られない状況。
まあ高い授業料払っているので、寝る人なんていないと思うが、
コースの間はずっと後ろのスタッフの視線が凄く痛かった。
しかもちょっとでも携帯触ろうもんなら
「コース中ですよ。」
と軽く注意される。

そう、一番後ろの人間は、模範的受講生をずっと維持しないといけないのだ。

そしてついにブレークスルーテクノロジーコースが幕を開ける。

壇上に講師の人と思われる女性が登場した。
 
背の高いやや茶髪のショートカットの女性だ。
 
パンツタイプのスーツをビシッと着こなしている。年齢は40歳ぐらいだろう。
凄くニコニコしながら颯爽と登場した。
 
前方の誰かが拍手をしたので釣られて皆が拍手する。
私はただ黙って精神統一していた。
 
 

いつ洗脳されるかわからない恐怖。
 
 
催眠術的に暗示をかけられたらどうしようとビクビクしていた。
彼女が元気よく「おはようございまーす。」という。
ピンマイクが仕込んであるのか彼女の後方、私でいえば会場の前に大きなスピーカーから大きく声が聞こえる。
 
 

そしてこのコースのスケジュールが説明される。1日は大きく4つのコマに分けられており、
間にお昼休憩や小休憩を挟むという。
 
時間的には1コマ3時間ぐらいかな。間違いなく膀胱は持ちそうになかったので後ろの席でよかった。
したいとき直ぐスタッフに声かけられるし。
 
そして1コマ目の最初は、このコースの参加への最終確認が行なわれた。
「コースは自分の意思で参加すること。
そして、途中でやめることも遅刻も絶対認めません!」

真剣に、真面目に取り組んでくれないと、このコースの効果は出ません。」とのこと。
 
 

そして講師の女性から驚くべき言葉が。
 
「もし、今参加する気持ちがあまりない方はどうぞお引き取り頂いて結構です。
お金は後日返金しますのでお帰りの際に
スタッフにお声がけくさい。」
と言うではないか。
 
 

私はゴツい悩んだ。
 
 

今帰ればお金も返ってくるし洗脳されることもない!
 
今帰らなければコースを最後まで真面目に参加しますよ!という意思表示になる。
 
しかし、コース参加しなかったのはすぐ社長にバレるだろう。
 
 

制限時間はあと10分。
あたりの様子を伺うと、数名ドロップアプトされる方がいるようで、
会場の後方出口から申し訳なさそうに荷物を抱きかかえるように持ってコソコソ出て行った。

 
 

「裏切者めが」
 
 

どうしよう。
 

私もやめようかな。

 

社長怒るかな。

 
 

体調不良とか適当に理由つけりゃええやろし。


悩みに

 
 

悩んだ結果、

 
 

私は

 
 

 
 

 
 

参加することにした。
 
 


私を洗脳できるもんならしてみーい!

 
 

 
 
 
 
 
 

次回に続く

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました