ブレイクスルーテクノロジーコース レポート⑤【番外】

ブレークスルーテクノロジーコース


参加すれば洗脳される?謎の自己啓発セミナーに、三日三晩参加されられた話の続き。

 
 

ブレークスルーテクノロジーコース1日目(金)朝

第一日目の集合が8時半だというので、
家は少し余裕をもって7時ちょい過ぎには家を出た。
 
今日はどんなことするんだろう。ネットで全く情報を得ることが出来なかったので、完全初見プレーヤー状態。
 
 



私も洗脳されて
 
勧誘馬鹿に
なってしまったらどうしよう

 
 

とかぶつぶつ考えていたら駅に着くまでタバコを5本以上吸っていた。
途中、ついでにコンビニに寄り、昼食べるオニギリを買った。
前日の電話で、予め買っておいた方が良い、と言われたので。
 
 

そしてなんやかんや電車を乗り継いで、
(毎日の交通費が地味に辛い、、、。)
 
 

ついに、
 
ランドマークエデュケーションがテナントで入っているビルの前まで来てしまった、、、。
 
あたりを見回してもコースに参加しそう、っぽい人は見かけない。
 
代わりに、出勤途中と思われる、若いサラリーマンがちらほら。
 
ここは大阪市内屈指のビジネス街。
 
昼夜問わずスーツリーマンは絶えずうろちょろしている。
 
 

私は今日、このビルに足を踏み入れたら最後、また同じここに立つときは夜10時半。

いつもと同じ日常であろう、
死にそうな顔して出勤しているサラリーマンでさえ羨ましく思った。

 

今頃会社のみんなはどしてるかな?
 
変な問い合わせ来てないかな?
 
携帯をちらっと確認。
 
 

まぁ
 
便りがないのは元気な証拠
 
と、思いながら、私は敵陣に入った。
 
 

ビルに入るやないなや、前回説明会の時と同じように入り口で名前を聞かれた。
しかし今度は名前シールではなく、
前回社長が着けたのと同じ
プラスチックケース入りの名札
をつけられた。
 
 


これで

 
晴れて
 
 

私も
 
ランドマークの一味と

 
なったわけだ
(´;Д;`)

 
 

名札はコースのために用意されており、
入り口の受付の長机に、今回のコース参加者の名札が並べられていた。
 
 

私が受付している最中も、
受付に続々とコース参加者と思われる被害者の方々がやってくる。
よく見ると
さっき見かけた死にそうな顔したリーマン兄ちゃんが、
はぁはぁ言いながら受付をしていた。
 
 

まさか同じ被害者だったとは。

 
 

今回のコースの会場に入ると、座り心地の悪そうなパイプイスが、
会場いっぱいに並べられており、
既に数名が着席し、
携帯をいじったり、荷物をガサゴソしている。
 
会場の大きさはそれほど大きくない。学校の教室ぐらい。
前方には大きなホワイトボード。
部屋には小窓が1つだけで、結構息苦しい狭さだ。
こんなところであと13時間近くもいないといけないのか、、、。
 
 

げっそり。
 
 

コース開始まであと15分ぐらい。さてどこに座ろう。
 
一番前に座ると、絶対セミナー中に餌食にされそうなので、
なるべく後方に座ろうと思ったが、
 
 

会場のスタッフに前から詰めて座れと指示された。
早めに会場に来たのが仇
となってしまった。
 
 

しかし
スタッフに
 

私は頻尿だからなるべく出口に近い後方が良いと、
お願いしたところ、しぶしぶ承諾してくれ、
なんとか一番後ろに座ることが出来たが、
 
 


前方と
 
同じぐらい

 
 

後方も失敗
 
と気づいたのは、
 
 

コースが
スタートした後だった。

 
 
 
 
 
 

次回に続く

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました