片麻痺患者の車椅子の正しい漕ぎ方【闘病記㊾】

闘病記

 
今日から諸事情で車椅子がチェンジとなった。

3カ月近く愛乗していた、とまっティくんともお別れだ。


 


異変は、

昼前に

に起きた。
 
 

おしっこをしようと便器に移乗しようと立った時である。
 
 



麻痺側である左足の足首が左側に外旋したまま固まってるではないか!
 
なんとか元気な方の右足をフル活用してバランスを取って何とか立てたが、
立つのがせいいっぱいで足を踏み出せそうにない!足がカチカチにかたまっていたのである!
 
 

転倒危険度MAX

 
 

しかも左腕も肘からカチカチ。
 
明らかな、麻痺側の連合反応がおきていた。


新しい車椅子が前の車椅子より機動性がおち、必要以上に右手と右足、非麻痺側を頑張りすぎた結果である。
 
たった半日で麻痺側の身体の状態が著しく悪くなってしまった。
 
だが、そのことに気づいた時、たまたま次のリハビリがボバースアプローチの知識が豊富なベテランPTさんだったので、この事を相談したら、
連合反応が起きにくい車椅子の乗り方を教えていただいた。
 

片麻痺患者の連合反応が起きにくい
車椅子の正しい乗り方

①足で漕がない。

足で車椅子を漕いで進んでいる方も多いだろうが、あくまで足は舵取りのみに使うこと!

②伸展を意識する!

脚で漕がないのもそうだが、脚で漕ごうとするとかかとを使って地面を引っ張る、引き寄せる方に大きく力が入ってしまう。

手で漕ぐ時も、短いストロークで手で引き寄せる動きを無意識にしてはないだろうか?
足も腕も引き寄せる方に力を入れると連合反応が起きてしまう。
 
だから手で漕ぐ時もしっかり伸展を意識すること!
腕を伸ばす(伸展)して1回のストロークを出来るだけ長めにして体幹も使って車輪を回す。
 

片麻痺患者の正しい車椅子の乗り方は、たった一つ、
伸展を意識するだけ!

たったそれだけ!

今日から意識してみよう!
 
まぁ、乗り方の指導は乗りはじめにして頂いていると思いますが^^;

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました