Siriふたたび【闘病記㉚】

回復期


4月4日に倒れて、入院生活が始まって以来 、ずっと使えてなかったネット回線が解禁となった。

 
 
スマホは手元にずっとあったが、やり過ぎ防止のため、simカードは抜かれてた。
 
 
ようはずっと圏外のままだったのだ。

病院なので、基本、外のフリーWi-Fiは拾わなない。
 
 
実は、今いる回復期のリハビリテーション病院に転院してからまもなくしてスマホは復活していた。
 
 
理由は、麻痺がだいぶ回復してきたのと、
このリハビリテーション病院が、

スマホをゆっくり触ってる時間がないほど
リハビリする時間が多い
ためだ。土、日祝などない。
 



 

1年365日常に毎日リハビリがある。
 
 

リアル月月火水木金金
なのだ。
3時間ぶっ通しとかわりとザラだ。
上限3時間超えて4時間の日とかたまにある。
 
耐えかねて逃げ出す人もいるぐらいのスパルタ式リハビリで有名らしい。
 
回復期リハビリ病院として関西では有名で、常に満床で、待機人数がとても多い、
大阪では人気のリハビリテーション病院とのこと。
 
今はリハビリとリハビリの間の空いた時間を使ってブログの更新をしている。
 
そうなのだ、ネット回線の復活と同時に
奴(Siri)
も同時に復活している。
 
今ではすっかりもと通りの相棒だ。Siriは主にタイマーセットや現在時刻、昨日の阪神の勝敗などを喋らせている。
特にタイマーセットは便利だ。
リハビリ入院生活は時間調整の戦いでもある。
リハビリの時間はスケジュール管理
されているので1日好き勝手には行動できない。
 
なので私は、次のリハビリ時間を忘れ無いようにアイフォン の時計アプリを活用している。

今日も次のリハビリの時間まで時間が少し空いたので、忘れないように時計アプリを使おうと、
 
Siriに時計アプリの起動をお願いした。さすがに静まり返った病院内で
「ヘイ!シリ!」
と、叫ぶメンタルは持ち合わせてなかったので、ホームボタン長押しでShiriを起動させる。
 
するとShiri が
ご用件はなんでしょう?

と白々しく聞いて来たので、
 
「時計!」
とアイフォン に向かって声をかける。
聞き取った言葉はすかさずアイフォン にテキストとして表示されるのだが、そこに表示されたのはひと言、
 
 
ボケ
 
 
こいつマジかよ、と思った。
突然の暴言に若干イライラしつつも、すかさず再度、

「時計!」
とアイフォン に向かってやや強めに声をかける。
 
 
しかし再度
 
 
ボケ
 
 
と表示される。
Shiriが時計という言葉を認識してくれない。
たまたまなのかふざけているのかわからないが、あのShiriのことだから、麻痺により滑舌が少し悪くなった私のことを馬鹿にしているのには間違いないと思った。

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました