就職氷河期イズム⑤【番外】

就職氷河期イズム

え?

 

 

 

 

かな入力?

 

 




説明しよう。
 

かな入力とは

 

 

キーボードに書かれている「ひらがな」のキーを叩いて日本語を入力する方法だ。
 
今このブログをパソコンで見ている変人さんは、
キーボードに目線を落としてみよう。

では、キーボードに書かれている
「あ」
を押してみよう。

 

 

どこ?
 

 

左上の方にあるだろう?

ウィンドウズなら、かな入力モードにしたら「あ」を押せば「あ」が入力される。
普段の入力方法は、
だいたいの人がローマ字入力だ。
 
ローマ字入力はAを押せば
「あ」
が入力される。

かな入力とローマ字入力の違いは、
タイピングする数の圧倒的な違いだ。

例えば

「海は青い近くなら透明」

という文章を入力するとしよう。

ローマ字入力なら

UMIHAAOITIKAKUNARATOUMEI

24回もキーボードを叩く必要があるが、

かな入力なら

うみはあおいちかくならとうめい

16回で入力できる。

圧倒的にかな入力方法の方が早い。

そして、かな入力をベースとした、究極
極早文字入力方法が、

連想入力と呼ばれる、直接漢字入力方法だ。

通常漢字を入力する場合は、かな入力であっても、ローマ字入力でも、
スペースキーを数回叩いて、該当の漢字を選ぶ必要がある。
たとえば、「大」という文字を入力したい場合は、「だい」と入力したあとに、
最悪でもスペースキーを4回叩く必要がある。
なぜなら他にも「第」「代」「台」という漢字もあるからだ。

連想入力で「大」
入力する場合は、

キーボードの「キ」「ナ」を入力する。
つまりキーボードを2回叩くだけでよい。

これが連想入力。

おお”きな”「きな」からきている。らしい。

他にも

「山」なら「ヒマ」
「機」なら「メカ」
「公」なら「ハム」とキーボードを叩く。

各漢字それぞれに決められた2文字がある。

そのパターンを全て頭に叩きこむ。
正確には存在する漢字全てというわけではない。
戸籍謄本によく出てくる、一般的な常用漢字だけでいい。

じゃないと漢字5万文字なんて一生かけても覚えてらんない。

それでも覚えないといけない漢字はだいたい3000文字もある。
それを1ヶ月かけて習得する。研修期間中もちゃんと給料は貰えるが、
給料は自分で頑張って利益生んだ分から捻出されるもの、と、
社会に放り出せれた時から経営者に頭に叩きこまれているから、
なんだか給料泥棒のような気がして焦る。焦る。
就職氷河期世代という、
経営者が身近にいる職場でしか働いていない人種
の悲しき習性。

1ヶ月がむしゃらに覚えた。

早く一人前になって

早く仕事をしたかったから。

連想入力と呼ばれる入力方法で
ひたすら戸籍のデータ入力。

ただ一日中黙々とキーボード叩く。

こんな仕事をなんだかんだで1年ぐらい続けたが、

なんとなく飽きて辞めた。

キーパンチャーと呼ばれるデータ入力の事務仕事は、

そんな長くする仕事じゃない。

そもそも仕事というのは、
自分の努力のおかげで会社に利益をもたらせた。
と、勘違いでも思えないと、私は、仕事のモチベーションが維持できなかった。

経営者が身近な職場でしか働いてこなかったが故の

就職氷河期世代に一生まとわりつく怨念。
 

 

 

 

 

 

forever

 

 

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました