これでいいのだ ||:3ミ【闘病記(56)】

闘病記


昨日の話。

ずっと連絡をしていなかった友人に、ちょっと用があったので、
入院して以来、久々に連絡をした。
 

 




その友人には、私が脳卒中で倒れた旨はまだ伝えていない。
 
なんだか面会の催促するみたいだし、
闇雲に心配だけ煽るのもどうかと思ったので。
 
遠方に離れて暮らしてるだけに。
だからFacebookにも
入院関連の投稿は一切していない。

普段と変わらぬ近況報告を半年間し続けてきた。
 

 

まさかリハビリ病院のベッドの上から投稿してるとは、誰も思うまいて。
 
だが、先日何気なく投稿した、
車椅子で外出時の記念写真(車椅子が映らないように、膝から上だけが写った写真)を見た、F
acebookでもリアルでもフレンドの別の友人
から

「背景の

 

高さが
 

おかしい」
と、プライベート宛にメッセージが入り、
車椅子に乗っていることがバレた
ことはあった。
 

 

コナンかよ。ちくしょう。
 

 

が、私が脳卒中になったのは、一部の人間しかしらない。知らせないようにしていた。
 
しかし、昨日久々に連絡した際に、私が脳卒中になって、
今リハビリ入院中
の旨を友人に伝えた。
 
退院日が決まったこともあり、まあええかと何気なく。
 

 

当然友人はびっくりしていた。
 
そりゃ誰でもビビる。
 

 

私は友人に、
明日は
我が身やでw

と、ビビらせた。
 

 

脳卒中患者(しかもまだ38歳)が言うこの台詞ほど、
説得力恐怖
が合わさった台詞は無い。
 

 

誰でもビビる。
どんな医者よりも説得力がある。
 
なんと偶然にも、その友人は、
健康診断
を受けたばかりだったようで、
しかも若干微妙な検査結果だっただけに、
明日は我が身という私の台詞に、だいぶ参ってしまたようだった。

 

 


でも、
これでいいのだ。

||:3ミ
 

 

私みたいに脳卒中で苦しむ人が一人でも減れば、それだけで脳卒中になった意味がうまれる。

 

 

脳卒中の啓発。

 

それこそが、私に課せられた使命。
麻痺患者としての在り方だ。
 

 

昨日友人に久々連絡したのは大きな意味があるのだ。
 

 

私の明日は我が身という台詞で、彼はこれから健康に気をつけた生活になるだろう。
血圧にも目も向くようになるだろう。
 

 

私は今日から、周りをびびり倒す。
 

 

私が脳卒中になったのは単なる
辻褄合わせ
なのだから。

 

 

明日から積極的に水分補給してね★
一日2リットル目安やで^_^
お酒を飲んだら飲んだ分だけお水飲むこと!

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました