このままでいいのかリハビリテーション

闘病記


これまでのブログで、自身の脳卒中発祥からリハビリのことなど、色々ご紹介させて頂き、
 
なんて日本はリハビリや医療に恵まれているんだろう、
 
これはいつ脳卒中になっても安心だ。
と、
さすが医療が充実した日本。と、思った方も多いはずだ。
 



しかし、実は高齢者の寝たきり率が、日本はアメリカの5倍も高いという。
 
 

こんなにも差があることに驚く。
 
さらに驚くのが、高齢者の寝たきり率が5倍高いが、
急性期での平均滞在日数もアメリカと比べ5倍多い
という。
 

日本のリハビリ医療は問題がある?

 
 
つまり急性期で滞在する日数が長くなればなるほど、
回復期リハビリ病院に転院するのが遅くなればなるほど
社会復帰が難しくなる
ということである。
 
私はここの回復期病院に来るまで、
脳卒中発祥から1ヶ月ちょいで運良く来られた。
 
人気な施設であればあるほどベッドが空くのを長期間待たないといけない。

麻痺回復のために早く回リハに移りたいとは言えど、
いい加減な施設
に、行くわけにはいけない。
 
今いる病院は誰かが退院すれば即新しい患者さんがやってくる、
まるでところてんの押し出しの様な、えげつないベッドの回転率だ。
 
10時にリハビリに行き、戻ってきたらもう違う患者さんが生活している、なんてザラだ。
 
半年入院していて、常にこんな状況なのだから、ここの病院は常に誰かが待っているんだろう。
 
需要に供給が追いついていないのか、
 
確実な社会復帰には、
早く積極的なリハビリを受けないといけないのに。

 

かと言ってリハビリは回復期だけするものでもなく、
急性期病院によっては、入院してからすぐ積極的なリハビリをするところも多い。
 

ちなみに私が急性期の時の富永病院も入院の翌日からリハビリが始まり、
状態が落ち着いたら1日ガッツリPTOTリハビリ2時間という生活がはじまった。
 

そして運良く、関西屈指の回復期リハビリテーション病院に直送。

 
入院開始から今まで、質の高いリハビリを受けてこられたのは本当に大きいし
 

運が良かった。
 

こういう環境を用意してもらえた、
病院や、手配した家族感謝だ。
 
私はたまたま、運良くリハビリの質が高い回復期に即効こられたが、
全員が全員そういうわけにはいかない。
 
急性期、つまり入院初期から質の高いリハビリをすることができれば、
寝たきりはもっともっと減り、社会復帰率もグッと高まるはず。
 
なのに今の日本は、総定員法(行政機関の職員の定員に関する法律)により、

急性期に療法士が足りずに、十分なリハビリが提供できていない急性期病院がまだまだ多い。
 
 

急性期という脳卒中患者が一番最初に世話になる環境で、

リハビリの土台をしっかり作ることができれば、
 
全国にいる麻痺回復で悩む人が凄く減るだろうなあと思う。
 
 

『始めよければ全て良し』である。
 
 

急性期のリハビリとご家族さんの知識次第だけで、
その人のその後の人生が大きく変わってしまう現状
は、
 
どうかと思う。

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました