初めの一歩。【闘病記(54)】

回復期


今日リハビリの杖歩行練習で、初めて病院の外に出た。
 
半年ぶりに外を歩く。あいにくの曇り空だったが、外の風が気持ち良かった。
 
最近のリハビリは、病院内での歩行訓練が主にだったので、
歩行に自信があった。
 



もちろん杖有りきの話だが。
病院外の外周歩行も楽勝だと思った。
 

外に一歩
 

足を
 

踏み出した瞬間、
 
その自信は

一瞬で無くなった。
 
 

その確たる原因は不安定。

地面の微妙な傾斜を足の裏でビンビン感じる。

病院内の超水平な床での歩行に慣れすぎたため、外の地面のちょっとした傾斜が凄く分かる。
立位が怖い。筋肉の緊張が高まり、麻痺側の脚の振り出しが、いつも以上に重たいクロヌって歩いてらんない。

まるですごい角度の登り坂を歩いているかのよう。

こんなにも外の地面は、真っ直ぐに作られてないのかと思い、ゾッとした。
病院の敷地内でこのざまである。舗装が不十分な道路なら無理ゲーだ。
あと、
チャリで爆走するちびっ子。
お願いだからおじさんの近く走るのやめてー(´;Д;`)

外はまるで不思議のダンジョン。

バランス崩すことはないが、
コンクリに倒れたらヤバイという緊張感も相まって、どうしても筋肉が緊張してしまう。

これは、
慣れまで時間と回数がかかりそうだ。

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました