【簡単!】脳卒中にならないために【30歳以上男性必見!】

闘病記


この8ヶ月間。

脳卒中リハビリ生活を過ごして来て

得た知識を総まとめ

これを読めば

ほぼ100%
脳卒中を防ぐ
ことができる!
 

脳卒中 防ぐ方法読本


脳卒中で悩む人を
一人でも多く減らしたい!

まず私の場合を徹底考察

なぜ脳出血が起きたか。

主治医によると、高血圧が原因による脳出血。

なぜ高血圧なのか?

実は私は、
高校生の健康診断から血圧が高めなのを
指摘されていた。
何回も深呼吸をして図り直しした記憶が
残っている。
数値はうる覚えだが、上は170以上。
下は130は超えていた。

高校生に過度な飲酒、喫煙習慣はあるか?
 
あるわけない。
 
カップラーメンも人並だ。肥満でもない。
 
つまり、元々血圧はおかしかったのだ。
20歳の専門学生のときの健康診断で
異常な高血圧数値を叩き出し、
看護師のおばちゃんから心配されたのは、
ずっと記憶に残っている。

高血圧だと脳出血が起きる?

高血圧とは、読んで字のごとく、血管を流れる血液の圧力が高い状態こと。

加齢とともに血管年齢も老いてくると血管は硬くなる。
若い元気な血管はゴムのようによく伸びるので、血液の圧が高くともそれに耐えうるパワーがある。

しかし老いた堅い血管だと、高い圧に耐えることができず、


 
破損。
 
それが脳出血
固くなった輪ゴムを引っ張るとすぐちぎれる。まさにそんな感じ。

なぜ血圧が高くなった?

飲酒も喫煙習慣もなく、塩分も人並みの私がなぜ高血圧になったのか。
もうこの時点で、脳卒中の原因が、過度な飲酒、喫煙習慣、塩分過多なのが分かりますよね。
実はそもそも、塩分と高血圧の因果関係は、いまだ実証されてない。

おそらく、だろう。の世界なのだ。実は。
 
さらに驚くべきことに、1998年にアメリカで発表された、米国の25歳から75歳までの207,729人を対象にした
米国の国民栄養調査の結果を見て、塩摂取量の一番多いグループの死亡率が一番低く、塩摂取量が少なくなるほど死亡率が高くなっており、高血圧や脳卒中、心筋梗塞という心・循環器系疾患の死亡率も、塩摂取量の少ないグループほど高かったと述べ、この科学的データからみると、「塩は病気を防ぎ、長寿の要因となる」ことが分かったと記載している。

つまり、塩分を控えると早死し、たくさん摂ると健康で長寿。

なんてことだ。
世間の認識と反対だ。

そう、減塩対策をすればするほど逆効果なのだ!
 
私はこの2ヶ月間、毎週、ラーメン屋に行き、毎回スープを飲み干しているが、

血圧は至って正常だ。
もちろん降圧剤の効果もあると思うが。

以前の投稿で、普段健康的な生活の人が脳卒中になってしまった話をしたが、

まさにそれなのだ!

そりゃそうだ。
減塩するとミネラル不足になる。

夏場汗をよくかいたら、熱中症になるので、
水分の他にも塩分も取りましょうと
言われる。

ミネラルは
健康に不可欠な栄養素
だ。
とても
大事大事

血圧が高いから、、、ということで、
過度に減塩しては逆効果なのだ。

もちろん取りすぎては駄目だ。

精製された塩(ナトリウム)よりも
天然の塩
じゃないと駄目
、と、
提唱する医者もいる。

一つ言えるのは、私は塩分の取り過ぎによる
高血圧ではないということ。
飲酒でも喫煙でもない。

アルコールは、血管を広げる作用があるので、
血圧を下げる効果はあるが、
喫煙は血管収縮作用があるので、
血圧は確かに上がる。
飲酒も量が多いと血圧も上がる。

しかし私は高校生の時点で

かなりの高血圧であった。

高血圧の原因

私は幼少期、牛肉、牛乳、卵の食物アレルギーを持っていた。少しでも口にしたら、全身に発疹が出て、
夜もねれなくなるほどくなる。
アトピー性皮膚炎を持っていた。

 
これらの食品に
共通するもの
 

 
そう、
 

 
必須アミノ酸

私は幼少期、慢性的な必須アミノ酸不足であった。

必須アミノ酸とは?


人間の身体を構成するアミノ酸は20種類あり、そのうち11種類は体内で合成して補うことができますが、体内では合成できず食事で補う必要があるアミノ酸が9種類あり、これを必須アミノ酸と呼びます。アミノ酸の主は、筋肉や内臓などの細胞、ホルモンなどの材料になる大切な栄養素です。

必須アミノ酸は、健康な血液と若々しい血管を作る源となる。

私は幼少期からの極端な必須アミノ酸不足により、

年齢こそ若いが、実は血管年齢は100歳ぐらいだったんじゃないかと思う。
 

 
前兆は2周間前から起きていた。

私の血管はもうボロボロで
限界だったのかもしれない。

その証拠に、脳出血を起こした当日、何回か
肩から倒れ、何度も肩を殴打した。
その時に出来た内出血の跡が、
左腕全体に出来ていた。
入院直後1周間ぐらい、まるで
入れ墨のように
左腕が黒紫色をしていた。

本当に血管がボロボロだったのだ。

脳の出血の原因は未だ
特定されていないが、

もし、出血したのが脳ではなく、
心臓だったなら、

私はもう

この世にいない。
 

 

脳卒中を防ぎたいならば

毎日必須アミノ酸をしっかり摂取しよう!

多く含まれる食品は、牛乳、たまご、牛肉だ!

お酒はほどほどに!

少しの飲酒は逆に血圧を下げてくれるぞ!

喫煙は持ってのほか!

血管収縮作用により、血管にダメージを受けるぞ!

お野菜はしっかり食べよう

血栓ができやすくなり、脳梗塞になるで!

過剰な減塩はしない!

美味しいものを食べることで
幸せホルモンセロトニンがドバドバ分泌
され、
心も体も健康に!
 
我慢は毒だ!

 

 
脳卒中で悩む人を
一人でも多く
減らしたい!

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました