【番外】祖父を殺しかけた思い出

番外編


4月4日、桜が咲きはじめた春春先にリハビリ入院が始まり、
蝉が聞こえる季節になり、
周りの御年輩方々と、「蝉って実は、天敵のいないところだと、1ヶ月以上生きるらしいすよ。」と会話していた初夏が、
もはや古いアルバムめくる並に懐かしい。




 
ベッドの上で平和から令和に代わり、
無駄に長い、ただ有給日数をカバーするだけのゴールデンウィークも終わり、
いつ間にか梅雨も過ぎ去り、
今年の8月は存在してたんだかどうだか。
季節はもうすぐ秋になりそうだ。

この時期になる度、昔家族と出かけた潮干狩で起きた、、
私が祖父を殺しかけた殺人未遂事件を思い出す。
 



私にはじっちゃんと言う愛称で家族から愛されている祖父がる。
私が両親に次いで尊敬している人だ。
 
じっちゃんは母の父にあたる。
おそらく私のDNAを構成している割合が、他の親等の方に比べ比較的似ている方だろうと思う。
なぜなら息子は母親に似て、娘は父親に似るからだ。容姿だけかもしれないが。
 
そんなじっちゃんは、
実家に帰る度に「もう長くないけんな」と笑顔で冗談を言いながらも、
まったくその気配なく今でも変わらない、
超絶元気なスーパー爺さんだ。
 
家に電話すると、
毎回ジャパネットたかたの注文ダイヤル並の早さで受電してくれる。
 
そんな尊敬してやまない我がじっちゃんであるが、
私が確か未就学児童だった頃、あろうことか殺しかけたことがある。
 
家族はもちろんじっちゃん本人も忘れてしまっているかもしれないが、
 
私は37のオッサンになった今でも強烈に覚えている。
もう完全に時効はとっくの昔に過ぎているが、この事件のことは墓場まで持っていくつもりはないので、
この場を借りて話そうかと思う。
 
 

とある日の夏、家族みんなで吉野川に潮干狩りに行くことになった。
 
行くことになった経緯は記憶にないが、毎年恒例行事だったような気がする。
 
吉野川は四国の大動脈。徳島県民のみならず四国民にとって生命の源だ。
 
でっかい淀川をイメージしてもらえると分かりやすいと思う。
淀川がよく分からんひとは小さい吉野川をイメージしてもらえると分かりやすいと思う。
 
 

その日潮干狩には、愛用のアンパンマンのお砂場セットを持って行った。
獲ったアサリを入れる小さなバケツと、ひしゃくみたいなのと、砂をかきかきするクマデとスコップの4点セットだ。
いつも公園のお砂場で活躍している大事な宝物だ。
 
吉野川の砂浜に着き、潮干狩りという名の
アサリの乱獲
を楽しむ我が一家。
 
日も暮れ始め、みんなアサリも充分満足いくぐらい採れたので、
もうそろそろ帰ろうか、ということに。
 
大人はずっと中腰でしんどいのでもう帰る気満々だ。
私は採るのにひたすら夢中だったが仕方がなくお砂場セットを片付け、
 
家族が帰る用意をし始めてるいる車に乗り込む。
疲労感ただよう車内。父の運転する車が吉野川の土手沿いを自宅方向に向かって走り始める。
 
 

その時だった。
私はあろうことか大事なお砂場セットの1つ、小さなバケツを潮干狩りをしていた場所に、
置き忘れてきた事に気がついた。
 
私は「取りに帰って!」と父に悲願。車をUターンし、潮干狩りしていた場所に慌てて戻った。
 
 

が、しかしそこにアンパンマンのバケツはおろか、
さっきまで潮干狩りしてい砂浜が無くなっていた。そうである。潮が満ちはじめていたのだ。
 
 

アンパンマンのバケツはもうそこにはなかった。
あろうことか、川に流され、吉野川の中央付近でプカプカ浮いて遠くの方に流れて行っていた。
 
もう回収は絶望的な距離に行ってしまっている。
 
 

当然ながら私はこの世の終わりかのごとく泣いた。
お気に入りのお砂場セットだったからめちゃくちゃ悲しかった。
そして誰か取ってきてと、無茶苦茶を言う。
 
流石の子供の駄々こねにも限度がある。
もうバケツは川の中央の果てしない向こう。
川を泳いで取って戻ってくるにはそれ相当の水泳技術が必要である。
 
それも流域面積3km2オーバーで、
流れも深さもよく分からない天下御免の巨大な吉野川。
 
 

そんな川を水泳の素人が泳ぐのは完全に自殺行為である。
しかも日が暮れ始めてあたりはもううす暗い。
 
しかし私はひたすら泣き続けた。
泣き続けたらそのうち誰かなんとかしてくれると思っているクソガキだった。

 
 
あまりに悲しむ私を見かねたじっちゃんが
「泳いで取りに行く」と言い始めた。
 
当然家族は反対するが、私はじっちゃんならなんとかしてくれる!と単純に思って、
満面の笑顔で「今すぐ取りに行って!」とじっちゃんにお願いをした。
今この時に戻れるならその時の自分をぶん殴りたい。

 
じっちゃんがパンツ一丁になる。
家族は自殺者を引き止めるかのごとくじっちゃんを説得する。
 
万が一溺れようもんなら翌日の徳島新聞に載るのは間違いなしである。
アンパンマンのバケツは買えば代わりがきくがじっちゃんの命は代わりはきかない。
 
 

そもそもアンパンマンのバケツとじっちゃんの命を天秤にかけること自体が間違っている。
 
 

しかしじっちゃんは家族の制止を振り切り暗い吉野川へ。
夕日が照らすじっちゃんの後ろ姿がとってもカッチョ良かった。
 
 

家族の心配は余所に、じっちゃんはすごい早さで泳ぎ、バケツに近づいていく。
あっという間にバケツのところに行き、回収後また泳いで戻ってきた。
じっちゃんがバケツを取ってきてくれた。

凄い嬉しかった。
じっちゃんは笑顔だった。
 
 

そんなじっちゃんは私にとってスーパーヒーローだ。

37になった今でもあの時じっちゃんが泳いでアンパンマンのバケツを取ってきてくれたことを忘れたことはない。
 
そして私のワガママでじっちゃんを危うく帰らぬ人にさせてしまうところだったことも。
 
 

そんなじっちゃんは大工さんで、取得が難しい第2級建築士を持ち、実家の家は2年がかりで、じっちゃんがほぼ一人で建てた。(※時々、藤岡弘、似の筋肉ムキムキのじっちゃんの後輩のにいちゃんが手伝いにきてくれてた。
私も一丁前に足場に登り、じっちゃんや藤岡弘、に釘を渡すお手伝いをしたりした。)
 
じっちゃんの趣味は徳島の民芸品の竹人形作りで、
 
 

作品が文部科学大臣賞に選ばれ、
新聞に載るほど。じっちゃんは才能の塊過ぎるスーパーじいさんだ。
 
 

いつまでも長生きしてやー!じっちゃん!

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました