セラピストを目指す若者に伝えたい、とある現役セラピストの想い

言霊

現役作業療法士さんがリハビリ中に私に語ってくれた想い。

 
 



今私の病院には未来のセラピストになるべく勉強中の学生さんが、
全国各地から実習生として現在数名が
実際の現場に副担当みたいな感じで着任されている。
私は学び舎を見るのが大好き
 
だから、夢に向かう、
真剣な眼差しで勉強する学生
にものすごく興奮する。
変わった
 
フェチの

 
持ち主だ

(^^;;
多分、教師家系の血筋がそうさせているんだと思う。血湧く血湧く♪
 
 

今日もリハビリ室で、複数の学生さんがウロチョロしていた。
 
そんなリハビリ室でOTのリハビリ中に、とある現役セラピストさんが私に話してくれた内容に、
大変私は感銘を受けたので、
この場を借りてシェアしようかと思う。
 
 

「実習生さんいっぱいいますね( ̄▽ ̄)」
 
「懐かしいなぁ。1年前ああやってどこかの病院で実習してました。」
 
1年前?!
 
「ああ、そういえば貴女は、今年1年目の新任さんでしたね。
(私がこの病院にきた時は彼女はまだ1ヶ月目だった。)
この半年で、しっかりしすぎて、そんな設定忘れてました^^;」
 
それで、貴女はどんな病院でどんな実習をされたんですか?まさかこの病院??」
 
「いえいえ!私は通所、訪問専門施設で実習しました。
 
だから、ここみたいな回復期で実習できる学生を羨ましく思います。
 
私は、急性か回復の患者さんを診たかったので。
 
「ほう。それはなぜ?」
「通所で実習中に、急性期、回復期で、
ちゃんとしたリハビを受けて来れなかったんだろうなあ、
と思われる患者さんが実際いっぱいいてショックだったんです。

今更かよ、
っていう。
 
もっと最初にしっかりとたリハビリがうけられてたら
状態変わってただろうに。
って。

 
だから、
そんな患者さんを一人でも減らしたくて、

急性、回復でしっかりとした基板を私の手で作りたくて、
回復期のセラピストになりました!」


素晴らしい!

おじさん、

感動した!

(´;Д;`)

私が貴女ぐらいの歳は、
ただ生きていくためだけにお金を稼ぐ、
ぐらいの仕事の姿勢しか無かったぞ^^;

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました