【現役作業療法士さん必見!】指が伸びた【闘病記㊹】

回復期

片麻痺患者は、
気をつけて入院生活を過ごさないといけない。
 
その件については先日の投稿で詳しくお話させて頂いた。

片麻痺患者は、腕と指の筋緊張により、
ちょっとしたことで腕と指が体に引き込むように、
筋肉がガチガチに固まってしまうのだ。
 




かくいう私もガチガチではないが、
私の左手の指(特に親指)は、内側に少し屈曲したままだ。
右手を使って、なんとか指を伸ばせる。こんなんじゃ両手でゲームできない。
リハビリは 、指の筋肉が緩まないと、指を動かす治療ができない。そこで、リハビリの前は、
いつも作業療法士の先生に指の屈曲(筋肉の緊張)を解いてもらう。
しかも凄く簡単に。
 
 
麻痺した指の筋緊張のほぐし方(マッサージ方法)
 
先日の作業療法(OT)のリハビリ中に、その時担当だった作業療法士さんにお願いして、
指の筋緊張のほぐし方を教えていただいた。
 
母指内転筋と短母指屈筋が癒着しているところ。指の筋緊張をほぐす
 
写真の黒い点の部分、母指内転筋と短母指屈筋が癒着している箇所、筋がコリコリしているところをほぐしてあげるだけだ。
私がOTさんにほじってもらった時はくっそ痛かった
 
 

でも不思議なことに親指どころか全指がフニャフニャに!
 
ス、スゲーす!

この方法は、強い筋緊張により、かなりガチガチに固まってしまった指でも有効とのこと。(骨が屈曲して固まっていると厳しいかも)
しかも、
「右手(非麻痺側)で自分でもできるよー」とのことなので、
もし指が筋緊張で屈折してお困りの方は是非自分でほぐしてみよう!
 
 

ただし
やり過ぎ注意!

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました