島国ニッポン日本人の血と骨

闘病記

日本はずっとずっと島国だ。
 
はるか大昔、中国大陸と陸続きだったことがあるとはいえ、
 およそ3万年前ぐらいからずっと島国ニッポンだった。
 
 だからそんなにほいほい外国の文化は入ってこない。
 
だから、
日本人の食は昔から米、大豆、魚だ。
 




 日本人のは、
太古の昔から米大豆魚のパワーで形成されている。
 
もうそういう風に大昔からDNAに刻まれている。
 
島国ゆえどこにも汚されない。
日本人には理解できて、外国人には理解できない“旨味”と言う味覚が存在するのはそこだ。
 
 日本人は昔から米で脂質や炭水化物を摂取し、
大豆や魚でタンパク質を摂取
してきた。
 
あとは果物でビタミン、野菜で食物繊維、というふうに五大栄養素を補ってきた。
 
全て島国ニッポンの大地の恵のパワーで、
私達日本人はずっとDNAが受け継がれてきたし、これからも繋いでいかないといけない。
 

 

それが今やどうであろう。
 
日本人が大切に守ってきた食文化はすっかり欧米化し、
日本人の血はれていく一方。
 
あまつさえ米魚大豆野菜が嫌いでまったく食べない人すらいる。
 

 

汚れた食生活では、
島国ニッポン日本人
本来の血
は作られない。
 
そりゃ血管も詰まるし破けたりもする。
 

 

血は、車でいうところのガソリン。
汚れた食生活で作られた血では、
車にサラダ油を流し込むようなもの。
車は最悪壊れる。
 
それが
脳卒中。

 

 

だいたい日本人にはアルコールを分解する酵素ALDH2があまり働かないし、
そもそもビール、つまり大麦自体、日本の食文化に後から入ってきた。
 
病院食で、やたら米大豆魚果物野菜が出るのは、汚れた血解毒化するためだ。
 
島国ニッポン本来の血へ戻すために。
 

 

だから今日から病院食はしっかり残さず食べよう。
 
そして、脳卒中になりたくなければ
 
食生活を見直そう。
特に米大豆魚果物野菜の好き嫌いはだめだ。
 

 

牛肉をツマミに、ビールばっかり呑んでたら、

 

 

ほんま知らんで。

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました