24時間テレビを見て思うこと【闘病記㊲】

回復期

自分が片麻痺という障がい者になって、 24時間テレビを見て思う事。
夏の終わりの風物詩として毎年欠かさず見ていた
感動の押し売り番組
24時間テレビ

 
今年もギリ放送内でゴールできないまま、消化不良で幕を閉じた。
 



 

サライは、夏に思い出作れなかった人への鎮魂歌
 
 

色々複雑な気持ちでリハビリとリハビリの合間に視聴した。
 
 

その気持ちについては、このブログの基本にしている、
『片麻痺オッサンの苦難のリハビリ闘病記』を、
ぶち壊してしまう恐れ
があるので、
あえてここで語らない。詳細は、
24時間テレビを見ながら、
 
バカみたいに
つぶやいた、Twitterのタイムラインを見て頂きたい。
 
 
今年も、障がい者見世物番組として安定のクオリティだったが、
見ててひとつだけ気になった事
があったので、
 
 
どうしてもそれを、皆様に伝えたくて投稿した。
 
自分が片麻痺という障がい者になって、
 
今いるリハビリテーション病院にリハビリ入院したからこそ感じた、
 
この
悶々とした
気持ち

 
 

どうしても
 
 

伝えたい。
 

24時間テレビでは、障がいを持った方々のエピソードなどがいっぱい紹介されたが、
案の定、麻痺感患者もたくさん登場した。危く私も24時間テレビに出るところであった。
 
 

私の場合はどんな企画がいいかな。
 
 

視聴者さんに、
 
感動と勇気を与えられるチャレンジがいいな。

 
 

うーん、と

 
 

『左手で

 

息子スティックを

 
振りたい!

 
 

片麻痺38歳 、

 

深夜の挑戦』
 

ゲストは黒木華でお願いします。

 
 

 
 

一生オファー
なさそうだ。

 

私が伝えたいことは、
こんなソフトオンデマンドのような企画の話ではない。
 
片麻痺が障害として残る脳疾患は、
実はとても身近なもので、
明日は我が身

と、心構えておいて欲しい。
 
私が伝えたいのはこれでもない。
 
24時間テレビに出演したたくさんの片麻痺さん、
どちらかというと成人よりも未成年が多かった。
 
そりゃオッサンの片麻痺なんぞそこら中にゴロゴロいるさかいに、
そんな、オヤジを
改めて紹介したところで、何の感動も生まれない。

日頃の不摂生が原因で脳卒中を起こした自業自得患者の方が多い。
感動とはほど遠いオッサンがほとんどだ。
 
だから私達のような片麻痺オヤジは、
比較的健常者目線で24時間テレビを見ていた人も多かっただろう。
 
で、そんな私だからこそ、
気になったこと。
 
テレビで紹介されていた片麻痺患者は、
なんだか自分の麻痺を受け止め、
障がいを受け入れてしまっている人ばかり。
 
「麻痺の疾患あるけど、
負けずに頑張ろう!」

という方ばっかりだった。
 
本人も患者を支えている家族も。
 
 

そんな人達や、何気無く視聴されていた皆さんに、声を大きくして伝えたい!
 
 

麻痺した
手足は、
また動くんよ!

 
 

特に、麻痺した手がリハビリで動くようになる、と立証されたのがここ最近なので、
実は知らない人も多いだろう。
 
リハビリ病院でさえ、未だ化石のような無意味なリハビリを施している施設も多いと聞く。
 
もしかしたら「もう2度と動きません」と主治医やリハビリの先生に言われ、
 
今頑張って利き手交換しかしていない方もおられるかもしれない。
 
 

それは、
 
大きな
 
間違いだ。
 
 

脳卒中、脳性麻痺は、きちんとしたリハビリを頑張れば、
また動くようになるのに。

 
それが成人ならいい。このリハビリ病院のリハビリあんまりやぞ、と気付いて自分の意思で辞めたり病院変えたり出来る。
 
でも小さな子どもはそうはいかない。
 
もう我が子の麻痺はどうしようもない、と思って
リハビリを諦めてしまっている親御さんがこの世界にいっぱいいそうで、
テレビを観ながら悶々としていた。
 
もちろん日々辛いリハビリを頑張っているお子様もたくさんおられるだろう。
 
 
そうなのだ。
実際片麻痺患者の私が言うのだからこれ以上の説得力は無いだろう。


 
 

麻痺はまた動く

 
 

絶対に

 


動く

 
 

脳卒中による片麻痺は 、リハビリで治る障害。
 
もしあなたの周りに現在麻痺と戦っている方がおられれば、
 
このリハビリ闘病ブログの存在を、

 
是非伝えて欲しい。

 
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました